2018年10月4日木曜日

アジングのタックル

今年からアジングを始めてみよーと思い

タックルの勉強してから釣具屋さん(ポイント)に行きました。



とりあえず店員さんに聞いてみると

ロッドがあーだこーだと、いろいろ教えてくれます。



最終的に店員さん一押しロッドにしました。



REALMETHOD

AJING-GR

AJGR-60S(LURE:0.4-5g PE:0.2-0.4 NL4lbMAX)

オールチタン Kガイド



どこのメーカーなんだよ!



店員さんに聞くと、なんとポイント製のロッドだそうです。



その場でふってみた感触はなかなかいい感じです

硬すぎず、やわらかすぎず・・・いい!

即買いです7800円(セール中の価格)



次はリール



店員さんにおすすめを聞くと



「シマノ ストラディックCI4+ がいいですよ」



展示品をいじってみるとたしかにいい!

自分「ください」



店員さんが倉庫に探しにいきましたが、ノーマルギアの在庫なし



代わりにハイギアもってきて目でうったえてきますが買いませんでした。



ということでロッドのみの購入で帰りました。



リールは楽天で買いました。



daiwaセオリーにした理由

・ベアリングの追加の数が多かった

・安かった

・こっちのドラグ音が好き


アジング用小物



左から

・TICT(ティクト) ミニマリズム プライヤーホルダー ブラック

・TICT(ティクト) ライトアルミニウムプライヤー 5.2インチ ブラック

・TICT(ティクト) フォーセップ140 5.5インチ ブラック

・第一精工 ガーグリップMCカスタム ブラック

・SUNLINE(サンライン) ソルティメイト 鯵の糸 エステル 240m 0.35号 フラッシュイエロー

・TICT(ティクト) スタメンケース グレー



ケースの中にジグヘッドとか入れてみた



中身はTICTのジグヘッドとワーム、その他です。

17セオリー フルボールベアリングカスタムしました。



セットになったものを買ったのですが

この写真のまま送られてきました(取説付)



必要な道具は

・クリップ

・+か-のドライバー(-のほうがいいかも)

・六角レンチ



あと作業が細かいため本来の使用目的とはちがいますが

TICT(ティクト) フォーセップ140

がやくにたちました(笑)



ハンドル部のベアリングを追加したことによって

巻き感がかるくなった気がします。